探偵ドラマの様な潜入捜査は本当?

実際の探偵はこんな潜入捜査をしています

実際の探偵のお仕事は民事のお仕事

潜入捜査とは、情報を得たい場所に自らの身分を隠して入り込むことです。ドラマでは様々な場所に潜入をしていますね。麻薬組織や暴力団、会社や学校などもあるでしょうか。入り込んだ場所で目的となる情報を手に入れるために策を凝らすのがドラマの醍醐味です。

民事か刑事かの違い

探偵が扱えるのは民事の事件です。警察に動いてもらえない事件が扱える案件です。中にはもしかすると刑事事件として取り扱えるかもしれないけれど、事情によって探偵に頼む案件もあるかもしれませんし、調査をしていくうちに刑事事件になる物もあるかもしれませんね。

探偵に逮捕は出来ません

警察と探偵の決定的な違いは、探偵は証拠集めをするのがお仕事で、例えそれが刑事事件でも容疑者を逮捕をする権限はありません。ドラマなどでも「この先は警察の仕事だ」というようなセリフがあるように、線引きはきちんとされています。証拠があるのに逮捕が出来ないのは、歯がゆいかもしれませんね。

おすすめリンク

実績の多い別れさせ屋

別れさせ屋に頼んで、お金を払ったのに、成功しなければ意味がありません!実績の多い所に頼もう!

内部に潜入して情報を得る事

探偵にお仕事が舞い込んでくる時、それは「依頼者」が存在します。それではどんな依頼が飛び込んでくるのでしょう。

多くの場合は、刑事事件として警察に相談をしても取り扱えない案件を依頼されます。例えば、「不倫・浮気」だったり「成人の行方不明」などです。未成年の行方不明は刑事事件として警察で扱う事ができますが、自らの意志で動ける「成人の行方不明」は警察では何らかの事件性がない限り取り扱ってはもらえません。そこで、その行方を捜すために探偵に依頼をするのです。
その他、結婚相手の素行調査や、企業の内部調査、なんとペット探しまで受け付けています。
調査目的の情報を得る事がお仕事ですので、依頼者にその結果報告書を納品すればお仕事は完結します。その調査結果をどう使うかは依頼者の自由というわけです。中には証拠として裁判に使うケースもあるようですよ。
ただし、依頼を何でも受け付けられるわけではなく、調査方法も全て法律の範囲内で行わなければなりません。警察だと、事件後は警察の権限を使って操作をすることが出来ますが探偵にその権限は与えられていません。あくまで、違法ではない方法で依頼の目的を達成しなければならないでのす。依頼内容が「恫喝」「差別」につながる可能性がある物も受け付けられません。


人間関係に関わる調査がほとんどですので、非常に高いコミュニケーション能力が必要とされるお仕事ですね。探偵になるのに特に資格は必要ありませんが、普通免許は必ず必要で、しかも語学力、法律に関する知識など多岐に渡る知識が必要なお仕事です。ちなみに、探偵を募集する時は「探偵募集」ではなく「調査員募集」だそうです。